Japanese*woods 国産材の木製食器 木製カトラリー

山中漆器とは

 山中漆器は石川県の山中という土地の漆器です。天正年間(西暦1573-1592)、山中温泉のさらに奥にある真砂(まさご)集落に、越前の木地師移り住み、ロクロで木地を挽いたのが始まりだそうです。

 

 江戸中頃からは会津、京都、金沢から塗りや蒔絵の技術を導入して木地とともに茶道具などの塗り物の産地として発展をしてきました。特に轆轤挽物木地の分野では、職人さんの質・量とも国内トップの位置にあるそうです。

 

 

 なお、山中漆器は経済産業大臣指定により伝統的工芸にも指定されています。

 

 

 木地のことで補足しますと、山中漆器は 縦木取り と方法で木取りをします。木の生えている方向に木取りをします。木を輪切りにして器を作るイメージです。分かりやすい説明が楽天市場のarancia〜オリジナルバッグさんに載っています。

 

 

 山中漆器を調べていると、拭き漆仕上げと表記されたものを多く見かけます。拭き漆 または 擦り漆とも言われる塗りですが、拭き漆は木の木目を楽しめて、シンプルで渋くて 個人的にはとてもカッコいいなって思います。他にも朱 黒 溜などの塗りがあります。

 

 

拭き漆仕上げ

 

 

拭き漆塗りの方法 『山中漆器』のホームページより
1、漆刷毛による1回目の塗り作業を行います。刷毛で漆を塗り込み、直後に余分な漆を拭き取ります。
塗ったものは、温度10℃以上、湿度70%前後になるように調整した風呂棚と呼ばれる棚に入れて
約1日乾かします。
2、2回目の漆塗りの作業です。1回目と同じく漆を塗って拭き取り、風呂棚に入れて乾かします。
一般的には、塗の作業をこのあと1回行って合計3回で仕上げますが、商品によっては4回?10回行うものもあります。塗の回数は、価格に反映されます。
※リンク
『山中漆器』のHP
http://www.kaga-tv.com/yamanaka/index.html

 

 

山中漆器のブランド

ブランド特徴公式HP
喜八工房
(きはちこうぼう)
拭き漆や朱、黒 溜など色も豊富ですし、デザインも豊富。和のテイストたっぷりですが、洋にも合う素敵な器が揃ってます。漆器だけでなくナチュラル仕上げの器もあります。http://www.kihachi-web.com/
彰宣(しょうせん)よりすぐられた国産材を、伝統的で高い技術によって、

現在のライフスタイルに合った、様々な漆器を提案し続けています。漆器だけでなく、ナチュラル仕上げの器もあります。

http://www.syosenjapan.com/

 

※参考文献:
産地別 すぐわかるうるし塗りの見わけ方 監修:中里 寿克氏

 

 昔の人って 体をはっていろんな発見をしてきたと思うと、本当に尊敬します。 漆の樹液を塗料に使うと言う発見もすごいですし、蜂蜜を食べようと思ったのもすごい。きのこなんて、多くが毒キノコだから命がけですよね。 多くの方が犠牲になったことにより、今の私たちがおいしく食事できることに感謝しないといけないですね。


 

記事投稿日2012/3/22

スポンサードリンク