Japanese*woods 国産材の木製食器 木製カトラリー

彰宣

 彰宣は山中漆器のブランドの一つです。 彰宣は、明治41年に、山中温泉に我戸木工所として創業したのが始まりのようです。 そして、その木地師の意志を受け継ぐ彰夫・宣夫の二人の頭文字をとって 『彰宣』と名付けられたそうです。

 

 

 彰宣の漆器は伝統的な山中漆器の高い技術を生かし、 常に変化するライフスタイルに合った漆器を提供し続けたいという願いで 作られています。

 

 

 木目が美しく楽しめる器は、綺麗だけど控えめ。そしてお洒落です。 質素な地味な器から、ちょっとよそゆき?っ感じのする華やかさを持った器など、お椀やカップなどデザインや塗りの種類も豊富です。 漆器のだけでなく、ナチュラル仕上げも器もあります。

 

彰宣のHP  http://www.gatomikio.jp/

凛シリーズ

 シャープなカタチとシルバーのアクセントが美しいシリーズ。ろくろによって挽き上げられた洗練されたカタチ、アクセントと補強を兼ね備えた錫の蒔絵。「凛シリーズ」は日々の暮らしをワンランク上質にしてくれるアイテムです。

 

 

 写真の汁椀や飯椀は楽天市場のutsuwa space salan さんでお買い求めいただけますし、その他に同シリーズではお箸や大椀 盛鉢 カップなどがあります。

 

 

国内産地から選りすぐりの原木を調達します。
乾燥・製材後荒挽き→木地仕上げ挽と形を整えていきます。
うるし塗り(1回目)→目止め、ここで研きにより下地を整えます。
うるし拭塗り(3回〜4回繰り返します)
完成→検品→出荷


口径12.3cm×高さ7.3cm

口径12.3cm×高さ6.0cm


 

 

 

 

 


 

最高更新日

記事投稿日2012/3/22

スポンサードリンク

彰宣関連ページ

喜八工房
山中漆器の老舗 喜八工房さんの紹介と、国産の木を素材に作られている商品の紹介です。
ころころ工房
こちらでは奈良県の工房さんで吉野の木などを使い、木工品を作っておられる ころころ工房さんの紹介です。 ころころマドラー等を紹介しています。
薗部産業
こちらでは小田原の薗部産業の銘木椀 弁当箱などを紹介しています。 小田原は轆轤挽きの歴史もあり、木工でも盛んな場所で、銘木椀は有名です。
柴田慶信商店
国産材 日本の木 天然秋田杉を使った 日本製の木製食器 大館曲げわっぱ の中の柴田慶信商店の曲げわっぱや、柴田昌正さんの 「マゲワ」シリーズの器たちを紹介しています。
高橋工芸
国産材 日本の木 主に北海道産のエンジュや栓などを使った作品作りをしている北海道クラフトの 高橋工芸 についての紹介です。
大館工芸社
国産材 日本の木 天然秋田杉を使った 日本製の木製食器 大館曲げわっぱ の中の大館工芸社を紹介しています。